レンタルオフィスと貸事務所は何が違う?

レンタルオフィスと貸事務所は何が違う?

レンタルオフィスと貸事務所は、どちらもオフィスを借りるという点で共通しています。しかし、契約形態や費用、設備などといったさまざまな違いがあります。レンタルオフィスは、不動産会社や運営会社とサービス利用契約を結ぶことでオフィスを借りられます。契約期間は1ヶ月からと短期間利用ができるところも多く、退去時には原状回復の必要はありません。一方、賃貸の事務所は、オーナーと賃貸借契約を結ぶことになります。契約期間は2年から3年と長期間の契約です。退去時には原状回復の義務があるのが一般的です。レンタルオフィスは月額料金に管理費や光熱費などが含まれています。そのため、初期費用を抑えることができます。一方の賃貸事務所は、家賃や礼金、敷金などの初期費用がかかります。また管理費や光熱費は別途支払う必要が出てきます。レンタルオフィスには机や椅子、デスクや電話、インターネットなどの設備が整っている場合が多いという特徴があります。そのため入居後すぐに業務を開始することができます。一方、賃貸の事務所は、設備が整っていない場合もあります。内装工事や備品の購入が必要になるケースがほとんどです。両方のオフィススタイルをチェックして、自分のニーズに合う方を選びましょう。

レンタルオフィスの設備で仕事の効率をアップ

レンタルオフィスは初期費用やランニングコストを抑えられることができ、一般的な賃貸オフィスを借りるよりも安い費用で利用できます。近年はフリーランスやスタートアップ企業の利用客が増えていて、その人気が高まっています。レンタルオフィスの設備は、施設によってさまざまです。仕事の効率をアップさせるためには、必要な設備が整っているかどうかを事前に確認しておくことが大事なポイントです。必要になるのは、デスク・チェアです。デスクとチェアは、仕事の基本となるオフィス家具です。座り心地が良く、作業しやすいものが用意されているオフィスを選びましょう。インターネット回線は、仕事に欠かせないものです。Wi-Fiが利用できれば、自宅から持ち運んだパソコンやスマートフォンでも、インターネットに接続できます。複合機は印刷やスキャン、コピーなどの作業に便利です。会議資料や名刺などを作成する際に役立ちます。レンタルオフィスによっては、複合機は共有して使用するケースもあります。

新大阪駅のおすすめレンタルオフィスに関する情報サイト
レンタルオフィスを徹底解説

このサイトでは、近年利用者を増やしているレンタルオフィスに関して、よくある疑問を徹底解説しています。利用したくても詳しい内容が分からなくて迷っているという場合には、このサイトで基本的なことを学んでから賢く活用することが大切です。よく比較されるのが貸事務所ですが、両者には明確な違いがありますので、その違いについても解説していますし、どのようなケースで利用するのが適しているのかについても述べています。

Search